女性の薄毛の悩みも増加する傾向が!

がん治療、どうするのが正しかったのか。

義母は、まだ、60才だった時でした。口の中に違和感があり、歯医者から、がんセンターの紹介状をもらいました。
最初の診断で、すぐ、舌がんだと言われました。このままでは、余命1年とのことでした。
治療する方法は、まず、手術により、舌を半分切除し、同時に、腿の肉を移植するとのことでした。そうすれば、リハビリで喋れるように回復するとの事で、希望を持って、手術に挑みました。
義母の希望で、一緒に、素麺を食べ、翌日、手術しました。
手術を、初めてすぐ、がんが、リンパ節に転移しているとのことで、切除する手術も同時に行い、予定の時間を大幅に越える事になりましたが、成功したとのことでした。
しかし、すぐ、ハードな放射線治療と、抗がん剤の治療も始まりました。リンパ節の転移に対する処置とのことでした。手術後、退院することもなく、半年でガリガリに痩せ細り、舌の移植は成功しましたが、とても、しゃべる力なく、がんの進行は、みるみる広がり、ちょうど1年ほどで、亡くなりました。
最後に、素麺を、食べたきり、苦しい治療だけでの余命1年となり、それで良かったのか、今もわからないです。
もし何かありましたらがん治療見比べてみてはいかがでしょうか?